読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

~88kg!看護師のダイエット生活~

基礎代謝をあげるべくダイエット^^ストレスなく減量中!

恐るべし豆乳パワー!イソフラボンってすごい!

豆乳は以前から体に良いと言われてきました。ちょくちょくご飯やジュースに私も使っています。そこで豆乳の栄養素やダイエット効果が期待できるのかを簡単に紹介したいと思います。

 

 f:id:sinsin504:20170327130250j:plain

 

●豆乳と牛乳って何が違うの?

 乳製品と大豆製品というところが違います。牛乳には主にカルシウムが豊富なのが特徴ですが、その他のビタミンやミネラルなど豆乳にも多く含まれています。ダイエットしている身として一番気になるのはカロリーですが、圧倒的に牛乳のほうが高いです。それは脂肪分が高いためです。ですが、低脂肪牛乳だとカロリーは豆乳と同じくらいだし、スキムミルクを使えばカロリーダウンできます。豆乳が苦手なかたにおすすめです。

 

●豆乳はどんな栄養があるの?


f:id:sinsin504:20170327115620j:image

 豆乳は牛乳ほどカルシウムは高くありませんが脂肪分も少ないため低カロリーです。しかもビタミンやミネラルが豊富です。ビタミンやミネラルは髪の毛や肌のつやを作ってくれます。また豆乳にはオリゴ糖が含まれており、腸内の乳酸菌のエサになるため、腸内環境をよくしてくれ、便秘に効果があります。腸内環境がよくなると自然と基礎代謝があがります。

 また豆乳に含まれるサポニンコレステロールを除去したり、動脈硬化予防や脂肪吸収抑制に役立つと言われています。免疫を高めたりと意外とすごいサポニンです!

 

 これだけでも豆乳がすごいことが分かると思いますが、豆乳の特有の栄養素はイソフラボンです!一時期、流行りましたし、商品も化粧品やドリンクとしてもでました。イソフラボンエストロゲンという女性ホルモンと非常によく似た働きをします。

 

エストロゲンとは

聞いたことがある人も多いですよね。女性ホルモンにはプロゲステロンエストロゲンがあります。プロゲステロンは体温をあげ妊娠着床を維持させる働きがあります。エストロゲンは着床しやすいように、子宮内に子宮内膜を分厚くし、赤ちゃんのためにふかふかのベッドをつくる働きがあります。

 

またエストロゲン女性らしい身体をつくるのにかかせないホルモンなんです。まず、髪の毛に艶をもたせ、美肌効果があります。バストアップも期待できます。そして、エストロゲンには血液中のコレステロール中性脂肪を肝臓で代謝するのを促進する作用があります。つまり脂質代謝です。これのお陰で脂肪の吸収を抑えることができ、痩せやすく太りにくい仕組みができます。

 

 

 

 

●調整豆乳と無調整豆乳の違いは?


f:id:sinsin504:20170326110934j:image

無調整豆乳は癖のある味ですので、苦手なかたでも飲みやすいように塩や砂糖で味付けされているのが調整豆乳です。

写真のように、栄養素の量も違いますね。

左が無調整、右は調整です。無調整のほうが栄養価は高いようです。私はいつも調整豆乳だったんですが、LIFEで買い物に行くと、無調整豆乳が何故かラスト1個になっており、買いたくなりました(笑)

ちょっと恐る恐る舐めてみましたが、大豆の味がしました!私は嫌じゃなかったです。
f:id:sinsin504:20170326134507j:image

旦那がパソコン関係の仕事のため眼精疲労中だったため、ブルーベリー、りんご、バナナ、豆乳、砂糖入れました。

おいしい!

 

乳飲料水は栄養価は落ちますが、美味しいです!たまに飲むなら絶対、既製品飲みます(笑)ココアを初めて飲んだときは感動しました。こくがあるんです。

 

 

エストロゲンは生理前が一番少ない!

エストロゲンは生理から排卵前までよく分泌されています。排卵後からは主役はプロゲステロンにかわりますが、PMS(生理前症候群)になりやすくなります。そこで豆乳を飲むとイソフラボンの効果により、PMSが緩和されると言われています。毎日は豆乳飲めないっといった方は生理前で不調がでた時に飲むといいと思います。ただし、妊活中の方は逆にこの時期の豆乳摂取は控えたほうがいいかもしれません。

 

 更年期障害の緩和にも!

更年期障害は閉経することにより、急激に女性ホルモンが低下し様々な症状が引き起こされます。体が熱くなって眠れない(ホットフラッシュ)やイライラ、うつ、骨の弱体化などまだまだあります。豆乳を摂取することにより、イソフラボンが女性ホルモンの代わりとなり症状が緩和されます。最近イライラしたり、やけに汗が出る人は試してみてください。

 

●飲み過ぎに注意!癌のリスクあり

豆乳に含まれるイソフラボンエストロゲンという女性ホルモンと似た働きをすると紹介しました。しかし、エストロゲンは大量に分泌されると乳ガンや子宮体癌のリスクがあります。推奨される豆乳の1日摂取量はコップ1杯(200ml)ちょっとと言われてます。

 

●まとめ

豆乳は飲むと、様々な効果が期待できそうです。豆乳に含まれるビタミンやミネラル、サポニンイソフラボンは美容にはかかせません。特に肌にいいですし、精神的にリラックスできそうです。ダイエット中に不足しがちな栄養素がたっぷりですので、補助食品としてはピカイチだと思います!

 


にほんブログ村